ハイリターン・ハイリスクのFX

FXの魅力はレバレッジを効かせて少額の資金で大きなリターンを得られることや、外貨預金では損失が出る円高局面でも逆の売買により収益機会が得られることにあります。
しかし、相場が逆に進めば大きな損失を被るというリスクも存在します。
FXのデメリットを確認しておきましょう。
まず、為替相場の変動によるデメリットがあります。
買いから始めた取引では円高に進んだ場合に、売りから始めた取引では円安が進んだ場合に為替差損が出ます。
読みが外れた場合や、想定外の市場を揺るがす急な相場変動があった場合に大きな損失が生じる可能性があります。
次に金利変動によるデメリットがあります。null
FXでは売買収益のほか、保有している間、通貨間の金利差にスワップポイントが生じます。
高金利通貨を買った場合はスワップポイントをうけとることができますが、高金利通貨の売りから始めた場合はスワップポイントを日々支払う必要が生じます。
また、スワップポイントの水準は各国の金利に連動し、取引の途中でも見直されることがあり、スワップポイントを受払の立場が逆転するなど、予想外の支払をしなければならなくなるデメリットがあります。
そして、レバレッジを効かせすぎたことによるデメリットも生じます。
少額の資金で大きな収益が得られるレバレッジですが、読みが外れれば、投資した金額以上の損失が生じ、それはレバレッジの倍率が高いほど大きく膨らみます。
さらに、システム障害によるデメリットがあります。
取引が集中してサーバがダウンしたり、なんらかの原因でシステム障害や通信障害が起こると、取引したくてもできず、収益機会を逃したり、ロスカット等ができずに損失を出すことがあります。