税金への節税対策を行うというと

資本主義社会の法制度が確立している資本主義国家においては、何らかの経済活動を行って利益を出した場合にはその利益に税金がかかって、公共の施設を使用したことへの負担をするという建前があります。
個人が給与収入を得たり投資で利益を出したりした時でも同じであり、FX取引は最近ではインターネット環境が整ってきている中、手軽に始めてリスクをとって取引したら大儲けするケースも出始めています。
そこで税務署もFX取引をした人の利益に歯敏感になっていますから、税金は納める必要があるのですが総合課税というやり方だと1800万円以上の利益を上げた場合には利益の50パーセントを納めることになってしまって、リスクをとったのに儲けが半分になるという忸怩たる思いをします。null
そういう忸怩たる思いをしないために、節税対策を行う機会がFX取引での収入にもありまして、それは確定申告のときに申告分離課税を選択できるFX会社で取引口座を作ることです。
2012年1月からは税制上、FX取引も一律20パーセントの税率を適用する申告分離課税方式にはなりますが、総合課税を選ぶこともできないわけではないので、そこでしっかりと申告分離課税を選択しておくことが重要です。